怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

天皇賞秋2021回顧

エフフォーリアが快勝。ダービーの結果等から怪物ではないと思いますが、ダービーは2着とはいえハナ差だったので力を出し切っていると思います。したがって、皐月賞との2冠馬であるのと同等の価値があると思うし、今回の勝利でデビューから無敗を続けているのと同等の価値があると思います。
 コントレイル。菊花賞の結果等から怪物ではないと思います。今回は11/4馬身差くらいの2着(記録上は1馬身差)。道中はエフフォーリアのすぐ後ろ辺りにいて残り400メートル手前から追い出すことができているので力を出し切るために支障はなかったと思いますが、エフフォーリアに肉薄することはできませんでした。福永ジョッキーはレース後に「状態は素晴らしかった。道中はタメが効いて最後もいけると思ったが、あと100メートルで差が詰まらず苦しくなって内にモタれる仕草を見せていた」とコメントしています。菊花賞までの走る気満々のコントレイルではないのだと思います。
 怪物グランアレグリア勝馬エフフォーリアと11/2馬身差くらいの3着。いつもよりも前での競馬も終始スムーズに競馬出来ていたし、手術したノドも含めて状態は良かったと思います。鞍上のルメールはレース後に「すごく良いスタートで楽に前に付けることができた。(道中は)息も入ってそれほど力を使わなかった。ただ、柔らかい馬場でいつもと反応が違ったし、2000メートルも少し長かった」とコメントしていますが、道中で息を入れて運ぶことができること等から判断して距離延長自体は大丈夫だと思います。直線で伸びなかったのは、ノドが問題ないのであれば、数年に渡ってレースを使ってきたことと年齢的なのものから競走意欲が低下してきたことが原因である可能性があると思います。
 今回は以上ですが、※参考欄に斤量差についての田辺ジョッキーのコメントを追加しました。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。