怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

ファンタジーステークス2021回顧

ウォーターナビレラが1着で3/4馬身差2着にナムラクレア。しかし、ナムラクレアは、馬群の中にいた前半600メートルの間に何度も頭をあげるシーンが見受けられるのでそこでエネルギーロスをして、最後の直線で力を出し切っていない(出し切ることができていない)のではないかと思います。浜中ジョッキーはレース直後に「仕上がりは順調だった。前半力んだ分、最後並んでから止まった。折り合いひとつで距離はこなせると思う」とコメントしています。もしナムラクレアが力を出し切っていたならばクビ差やハナ差等の決着になっていたと思うので、勝ち馬ウォーターナビレラは(ナムラクレアもまた怪物である場合を除いて)おそらく怪物ではないだろうと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。