怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

チューリップ賞2021回顧

メイケイエール。ファンタジーステークスで力を出し切ったと思われる2着オパールムーンに3/4馬身差つけていることと、阪神ジュベナイルフィリーズ前の武英調教師の「いつも競馬が終わってから顔つきがケロっとしている」等のコメントから怪物だと思います。今回の1週前追い切り後にも武英調教師の「調教で(手綱を)離した時の瞬発力が、今までにないような馬」というコメントがありました。今回のレース、1番枠から周りに馬がいる競馬で、前走よりも制御が効いていない感じでした。周りに馬がいるのが嫌なのかもしれません。結果は同着で1着だったものの、おそらく力を出し切っていない(出し切れていない)と思います。精神面の成長がない限り、今後も力を出し切らないレースが多くなりそうです。なお、同着で1着のエリザベスタワーの川田ジョッキーはレース後に「追い出すと外へ流れながらになり、あまり前に進めないまま直線を走っていた」とコメントしていますが、パトロールビデオを見ると左ムチで矯正してほぼ真っ直ぐ走れているので力は出し切れているのではないかと思います。したがって、力を出し切っていないであろう怪物メイケイエールと同着なので、エリザベスタワーはおそらく怪物ではないだろうと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは」(2019年9月23日の記事)。 PC版サイトの月刊アーカイブから探すことができます。

調教後の息の入り(怪物ディープインパクトとコントレイルの場合)

レースや調教で状態面に問題がない複数の馬に同じ負荷がかかった場合、息が入る(息が整う)のが早い馬は、心肺機能の高さゆえ余力があるということだと思います。競走馬は、強い追い切りによって心拍数が1分あたり210〜230くらいまで上がるとのこと。それを前提に、THR100又はHR100(調教後に心拍数が1分あたり100を切るまでに要する時間)をチェックすれば、息が入ったか否かが分かるとのこと。怪物ディープインパクト皐月賞やダービーの追い切りではTHR100が2分42秒及び3分程度で、コントレイルの菊花賞1週前追い切りではTHR100が6分だったとのこと。ちなみに、普通の3歳馬は10分以上で、優秀な古馬は5、6分という話もあります。そして、具体例は入手できてませんがディープインパクト以外の怪物の場合でもTHR100は3分程度になると思うし、コントレイルは菊花賞ジャパンカップ2020の結果などから怪物ではないと思うので、ディープインパクトの3分とコントレイルの6分は、怪物か否かによる差である可能性が大きいと思います。
ちなみに、ディープインパクトはデビュー戦と弥生賞の追い切りではTHR100が9分程度及び8分だったようです。なぜ皐月賞から3分程度になったのか定かではありませんが、心身の成長が関係しているのではないかと思います。なお、怪物ナリタブライアンが初期調教の時期に複数の馬と一緒に牧場内の坂を上り下りする運動の後、1頭だけ全く呼吸が乱れなかった等のエピソードから判断すると、怪物であるか否かは生まれつきだと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは」(2019年9月23日の記事)。 PC版サイトの月刊アーカイブから探すことができます。

フェブラリーステークス2021回顧

カフェファラオが逃げ馬直後の内ラチ沿いから直線でもスムーズに競馬できて7戦中5勝目。負ける時はあっけないものの、勝つ時の着差から怪物の可能性があります。つまり、今回3/4馬身差2着のエアスピネル及びシリウスステークス2020で3/4馬身差2着のサクラアリュールが力を出し切っているのであれば(2頭はいずれも怪物ではない)、カフェファラオは怪物ということになりますが、両レースのVTR及び鮫島ジョッキーと藤岡康太ジョッキーのレース後コメントから両馬が力を出し切っているか否かを断定できません。なお、この中間にカフェファラオが怪物であることを示す陣営等のコメントは私が知る限りなかったし、レース後の馬の様子についてのコメントは入手できませんでした。ちなみに、父馬のアメリカンファラオも戦績から怪物かも。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは」(2019年9月23日の記事)。 PC版サイトの月刊アーカイブから探すことができます。

サウジカップ2021回顧

1着ミシュリフ。記録上1馬身差2着シャーラタン(実際は3/4馬身差に近い)。ミシュリフは、同じ競馬場で行われたサンバサウジダービーカップ2020でおそらく怪物ではない日本のフルフラットに2馬身差以上離されて負けていること等から怪物ではないと思います。したがって、シャーラタンが怪物であるか否かに関わらず、シャーラタンは力を出し切っていないことになります。なお、シャーラタンは前走までは実質無敗(2走前のアーカンソーダービーは1位入線も降着処分)で圧倒的なパフォーマンスを続けていましたが、負かした馬にとても強い馬はいないようです。シャーラタンは怪物ではない可能性の方が高いと思いますが断言はできません。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは」(2019年9月23日の記事)。 PC版サイトの月刊アーカイブから探すことができます。

共同通信杯2021回顧

エフフォーリアが4番手くらいからスムーズな競馬で圧勝しデビューから3連勝。この3戦の着差から怪物の可能性はありますが、デビュー戦で3/4馬身差2着だったエスコバルの鞍上ルメールはレース後に「まだ緩い。4コーナーでは差し切れそうな感じだったが、追ってからワンペースだった」とコメント。コメントが示す通りエスコバルが力を出し切っていないのであれば、エスコバルもまた怪物でない限り、エフフォーリアは怪物ではないということになります。また、この中間にエフフォーリアが怪物であると思わせるような陣営等のコメントは私が知る限りありませんでした。

※参考 怪物と怪物ではない馬がそれぞれ力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士がそれぞれ力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは(怪物の見分け方)」(2019年9月23日の記事)。 このブログ内で、怪物の見分け方と検索すればヒットします。

怪物マカヒキの脚質転換

マカヒキ弥生賞までの結果等から怪物だと思いますが、ダービーでハナ差2着だったサトノダイヤモンドは怪物ではないので、力を出し切ったのは同じく怪物リオンディーズとクビ差決着だった弥生賞までです。マカヒキは差し脚を生かす競馬ばかりの記憶が残ってますが、前の方で競馬することを試みることができていればまた違った結果になったかもと思います。脚質転換がうまくいった例としてはスペシャルウィークが思い浮かびます。ダービーは差す競馬でしたが、天皇賞春では前目の位置から久々の G 1勝利。そして、天皇賞秋から再び差す競馬に脚質転換して引退レースとなった有馬記念まで1着、1着、ハナ差2着と3戦続けて力を出し切りました。ただ、脚質転換するためには馬に器用さなどが求められそうで、マカヒキも調教でいろいろ試みたけどダメだった可能性もあります。なお、スペシャルウィークがいた世代はグラスワンダーエルコンドルパサーセイウンスカイと強い馬が結構いましたが、いずれも怪物ではないと思います。

以上ですが、今回、以下の記述にも修正を加えてます。
※参考 怪物と怪物ではない馬がそれぞれ力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士がそれぞれ力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。これらすべての場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまで。なお、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差などから誤差が生じることが多いものの、3/4馬身と1/2馬身あるいはクビ差とハナ差ならば同等と考えて良いと思います。また、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。
※参照 このブログの記事「怪物とは(怪物の見分け方)」(2019年9月23日の記事)。 このブログ内で、怪物の見分け方と検索すればヒットします。

セントポーリア賞(3歳1勝クラス)2021回顧

グレートマジシャンが圧勝でデビューから2連勝ですが、デビュー戦では3着以下には大きく差をつけたものの2着レッドロワとアタマ差でした。そして、レース後の北村宏ジョッキーのコメント及びレースぶりからレッドロワは力を出し切ったと思われます。また、レッドロワの木村調教師はデビュー戦の数日後に「あのフォームで走ってきただけに疲れはあるようで、競馬前よりもシュンとしている感じ。初めての実戦で色々気も使っただろうし、腹も少し巻き上がって見える」とコメントしてます。怪物はレース後も疲れを見せないことが多いのでレッドロワは怪物ではないだろうと思います。一方、グレートマジシャンのデビュー戦の鞍上ルメールはレース後に「道中はずっと良い感じだった。2回交わされたが、そこからまた伸びた」とコメント。VTR を見ると直線で外の馬に一旦交わされてからエンジンがかかってますが、そのような競馬でも力を出し切ることはできると思うので、おそらくグレートマンションはデビュー戦で力を出し切っていてレッドロワ同様に怪物ではない可能性が高いと思います。なお、デビュー戦後及びこの中間にグレートマジシャンが怪物だと思わせるような陣営等のコメントは、私が知る限りありませんでした。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合は 0.1秒( 3/4から1/2馬身)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合は各々タイム差なし(ハナ、アタマ、クビ差)の決着になります。これらの場合にたとえ何着でも「力を出し切った」と表現しています。クビ差は首の付け根くらいまでです。なお、クビ差とハナ差が同等だと考えるのは、ペースや位置取りの差などから生じる誤差の範囲内だと思うからです。また、馬は体が大きくてパワーがあるので現代の競馬の斤量差くらいでは能力発揮すなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。
※参照 このブログの記事「怪物とは」(2019年9月23日の記事)