怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

シンザン記念2022回顧

ルメールがデビュー勝ち後に「新しいグランアレグリア」と評したラスールは惨敗。デビュー戦は終始内ラチ沿いからの競馬(片方にしか馬がいないので両サイドに馬がいる馬群よりもストレスがかからないと思います)。直線に入って他馬と接触があったようですが、スペースができるの待って追い出すスムーズな競馬だったと言って良いと思います。しかし、今回は途中から馬群に入って行き、直線に入ってからは内を突いて行きましたがスペースがなくて進路を切り替える形。進路を切り替えてからはスペースがあったので、追い出してからの伸びが足りなかったことは確かです。スムーズな競馬ができずに馬の気持ちが萎えてしまったのか、ルメールがレース後に「かかったし、その分最後は疲れてしまった」とコメントしているようにエネルギーロスしてしまったのか、どちらかあるいは両方ともが原因だと思います。なお、今回もデビュー戦と同様にスタートはあまり良くなかったですが、より後ろからの競馬になってしまったのはデビュー戦よりも前に行く馬が多かったからだと思います。
 マテンロウオリオンが1着で、ソリタリオが記録上クビ差(スローVTRでチェックするとほぼアタマ差)の2着。また、パトロールビデオでチェックすると両馬の直線での斜行度合いは同じようなものだと思います。そして、レース振りとレース後コメントから判断して両馬とも力を出し切っていると思います。なお、前走までの戦績等も含めて判断してマテンロウオリオン、ソリタリオとも怪物ではないと思います。ちなみに、ソリタリオは前走こうやまき賞で2着ウナギノボリと記録上0.1秒差かつクビ差となっていますが、スローVTRでチェックすると、ウナギノボリのハナ先がソリタリオの胸先ちょうどくらいなので、0.0秒差かつクビ差とするべきところだと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

妄想有馬記念2022等

昨年は私のブログを拝見頂きありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 妄想有馬記念又はジャパンカップ2022。1着に怪物サークルオブライフ。1着同着に怪物グラティアス。3/4馬身差3着エフフォーリア(この馬は怪物ではない)。3着同着にドウデュース(この馬も怪物ではない)。キラーアビリティ、イクイノックス、ラスールがどこに入るかはまだ不明です。なお、怪物メイケイエールはスプリントG1春秋連覇(いずれも2着以下に3/4馬身以上の差をつけて)。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

ホープフルステークス2021回顧

キラーアビリティは萩ステークスで記録上ダノンスコーピオンのクビ差(実際はアタマ差に近い)2着。ダノンスコーピオンは1着だったデビュー戦で2着ルージュラテールとクビ差で、ルージュラテールは1着だった白菊賞で2着サウンドビバーチェとハナ差。レースぶり、レース後コメントから判断してダノンスコーピオンはデビュー戦及び萩ステークスで、ルージュラテールはデビュー戦及び白菊賞で、サウンドビバーチェは白菊賞で、それぞれ力を出し切っていると思います。この3頭とも怪物であるということはないと思うので、ダノンスコーピオン、ルージュラテール、サウンドビバーチェは怪物ではないだろうと思います。そして、キラーアビリティが怪物であるか否かは、萩ステークスで力を出し切ったか否かで判断できると思いますが、レース後に岩田望ジョッキーは「道中はずっと力みしかなくて、抑えられなくて途中で動いていった。馬の能力を全部出せなかった」とコメントしています。確かに、途中で我慢できなくなったのか前にいたダノンスコーピオンを追い抜いて前へ行きましたが、怪物メイケイエール(ファンタジーステークスの結果等から怪物だと思います)のチューリップ賞でのレースぶり(頭を何度も上げて途中から先頭に立ち、結果、怪物ではないエリザベスタワーと同着で1着)と比べると、前進気勢の現れと取っていい範囲内ではないかと思います。しかし、今回のレース翌日に厩舎の福田助手が「心臓が強く、(レース後)すぐに息が入っていた。帰厩後もいつもの雰囲気で、萩ステークスの後よりも疲れてないぐらい」とコメントしているので怪物である可能性はあると思います(怪物は心肺機能の高さゆえ力を出し切った後もすぐに息が入ったり表面上ケロッとしていることが多いです)。もし怪物であるならば、萩ステークスではエネルギーロスをした為に力を出し切ることができなかった可能性が高いと思います。なお、横山武ジョッキーのレース後コメント等から馬体はまだ未完成のようですが、キャロットファームの秋田代表がレース後に「馬体はこのままでもいいくらい」とコメントしているし、持っている力を発揮することができる程度には成長していると思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

有馬記念2021回顧

エフフォーリアが2着ディープボンドに3/4馬身差をつけて勝ちましたが、レースぶりとレース後コメントから力を出し切ったと思われるダービーで怪物ではないシャフリヤールのハナ差2着だったこと等から判断してエフフォーリアも怪物ではないと思います。ただ、今回の勝利で皐月賞を皮切りにG1を4連勝したのと同等の価値があり、デビューから無敗を続けているのと同等の価値があると思います。
 ラストランのクロノジェネシスはエフフォーリアから11/2馬身差くらいの3着。馬群の中で動くに動けず追い出しが遅れましたが、スペースが出来てからの伸びもイマイチのように見えます。ただ、パトロールビデオも見ると直線で前にいるエフフォーリアが邪魔になってトップギアに入ることができなかった可能性があると思います。もし終始スムーズな競馬ができていれば、力を出し切ってエフフォーリアに肉薄した可能性はあると思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

朝日杯フューチュリティステークス2021回顧

勝ち馬ドウデュースのデビュー戦は2着ガイアフォースと記録上クビ差かつ0.1秒差となっていますが、スローVTRでチェックした所、アタマ差に近かったし、タイム差なしとすべきところだと思います。そして、レース振り、レース後コメントから判断してドウデュース、ガイアフォースともに力を出し切っての結果だと思います。したがって、ガイアフォースもまた怪物でない限り、ドウデュースは怪物ではないということになります。また、アイビーステークスの2着グランシエロとの着差は記録通りクビ差でほぼOKだと思います(実際は、グランシエロのハナ先がドウデュースの胸先よりもわずかにゴール手前)。ただ、直線での斜行度合いはグランシエロの方が若干大きいように見えます。なお、ドウデュースに騎乗した武豊ジョッキーはレース後に「最後は抜けてからフワフワして、つまずくようなところがあった」とコメントしていますが、脚が鈍ったようなところは見受けられないので、ドウデュースは力を出し切っていると思います。そして、グランシエロは戦績から怪物ではないと思われるので、ドウデュースも怪物ではないと思います。なお、ドウデュースのデビュー戦勝利後に武豊ジョッキーが「レース後もケロッとしていた」とコメントしていますが、超スローペースで上がりの競馬になった分、負担が軽かったからではないかと思います。
 2着セリフォスは1着ドウデュースと記録上1/2馬身差(実際は、胸先と1/2馬身❲胸先と尻尾の付け根の中間点❳の中間くらい)。上記からドウデュースは怪物ではないと思うので、セリフォスは今回は力を出し切っていない(出し切ることができていない)と思います。
 ジオグリフは1、2着馬から離された5着。ゲートはそれなりに出たものの、行き脚がつかなかったのか折り合いに専念したためか後ろからになりました。これは札幌2歳ステークスの競馬ぶりから想定できることだと思います。また、札幌2歳ステークスのように道中でポジションを上げる機動力が今回は見られませんでした。これは距離とペースが違うためだと思います。上がり3ハロンのタイムは、より前で競馬していたドウデュースと同じだし、末脚もあまり発揮されていません。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

香港マイル2021ゴールデンシックスティ

ゴールデンシックスティが圧勝。これで16連勝ですが、4走前の香港スチュワーズカップから2走前の香港チャンピオンズマイルまでの3走でいずれも怪物ではない2着馬とアタマ差か短アタマ差だった等の戦績から判断して怪物ではないと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。

阪神ジュベナイルフィリーズ2021怪物サークルオブライフ

サークルオブライフが快勝。1/2馬身差2着ラブリイユアアイズの団野ジョッキーはレース後に「レース前に久々に跨った時に、折り合いも馬とのコンタクトも問題なく、体重は減っていたが良い感触だった。レースではテンから無理せず折り合って進めることが出来た。最後は勝ち馬との決め手の差が出たが頑張ってくれた」とコメントしているし、レース映像を見てもスムーズに競馬できているので、ラブリイユアアイズは力を出し切ったと思います。したがって、1/2馬身差で1着のサークルオブライフは怪物だと思います。ちなみに、出遅れて後方からの競馬になったものの外からまくって圧勝した未勝利戦について国枝調教師は「レース後、息が全く乱れずに戻ってきた」とコメントしています。今後は、アルテミスステークスで見せたズブさが解消されてもっと前進気勢が出てくる等、精神面が成長するかが鍵だと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力を出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。