怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

エリザベス女王杯2021注目馬

アカイトリノムスメ。桜花賞オークスではG1だとワンパンチ足りない感じでしたが、前走秋華賞ではソダシが走らなすぎたとはいえ快勝でした。戸崎ジョッキーが秋華賞の最終追い切り後に「一番成長を感じたのは精神面で、どっしりしたなという印象は感じた」、秋華賞直後に「今日の雰囲気を見てももう一段今までよりも上がったなという感じで返し馬からレースに行けた」とコメントしている通り、レベルアップしたということなのだと思います。なお、クイーンカップで1着でしたが、怪物ではないと思われる2着アールドヴィーヴルとクビ差だったし、レース後コメント等から判断してアカイトリノムスメは力を出し切ったようなので、アカイトリノムスメは怪物ではないだろうと思います。
 レイパパレ。大阪杯2021までの成績と大阪杯翌日の時岡助手の「普段と変わらない様子でけろっとしている」等のコメントから判断して怪物である可能性が高いと思います。しかし、直近2走(宝塚記念オールカマー)では直線での伸びを欠きました。5走前の大原ステークスから3走前の大阪杯までは、少なくとも4コーナーでは先頭に立つ形でしたが、宝塚記念オールカマーでは4コーナーでも2番手でした。気分良く走ってこそ力を出すタイプである可能性が高いと思うので、4コーナーで先頭ではなかったことが影響した可能性があると思います。逃げた方が力を出し切る可能性が高いのではないかと思います。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。