怪物の見分け方

競走馬は怪物と怪物ではない馬に分けることができます。怪物は生まれつき心肺機能が優れているので怪物ではない馬よりも速く走ることができます。

デイリー杯2歳ステークス2021回顧

セリフォスが1着、ソネットフレーズが記録上クビ差2着(実際はアタマ差に近い)。セリフォスの藤岡佑介ジョッキーはレース後に「4コーナーはオーバーランしていた」とコメントしていますが、パトロールビデオを見てもそんなに外に膨れてはいないのでタイムロスにはなっていないと思います。また、セリフォスとソネットフレーズの直線での斜行度合いは同じようなものだと思います。なお、藤岡佑介ジョッキーは「まだ目一杯仕上げた感じではないので、これから楽しみ」ともコメントしていますが、調教で目一杯仕上げていなくてもレースで持っている力を発揮できると思います。したがって、セリフォスは、ソネットフレーズもまた怪物でない限り、おそらく怪物ではないだろうと思います。ちなみに、この中間にセリフォスとソネットフレーズが怪物であることを示す陣営等のコメントは、私が知る限りありませんでした 。

※参考 怪物と怪物ではない馬が力出し切った場合、3/4から1/2馬身(0.1秒)差になります。怪物同士あるいは怪物ではない馬同士が力を出し切った場合、どちらの場合も同着あるいはハナ、アタマ、クビ差(0.0秒差)になります。以上のように判断するのは、力を出し切った場合でもペースや位置取りの差等から誤差が生じることが多いと思うからです。なお、馬は体が大きくてパワーがあること等から、現代の競馬の斤量差では、力を出し切ることすなわち着差に影響を与えることはほとんどないと思っています。ライオンボスとジョーカナチャンがワンツーフィニッシュした韋駄天ステークス2020とアイビスサマーダッシュ2020は、斤量差を度外視できることを証明していると思います。また、JRA田辺裕信ジョッキーは2021年7月に「乗っていて、斤量が軽いからよく動くとか、重いから反応や動きが鈍いと感じることは、ほぼないかな」とコメントしています。